東京都台東区根津 鷹匠さんの二八と田舎のとろろ蕎麦

根津の名物 朝蕎麦の鷹匠

根津の街で
『なんか美味しいものない?』
と聞くと

『鷹匠さんの朝蕎麦』

と答える人が多い。(特に年配の人)
なんでも朝7:30~9:30でオープンしているのだ

しかも朝から飲める、という(笑)
私が酒は嗜む程度で
朝は日本茶がいい人なので朝酒にはあまりそそられないのだが

後から知ったのだけれども
根津の鷹匠の朝蕎麦
と言えば相当有名らしい。

とはいえ7:30からいけるのは
やはり地元の人がメインになるのかな?

もっと話を聞くと
朝ということを差し置いても相当美味しいらしい

そこまで評判がいいならと、
後日行ってみることにした。

ちなみに朝ではない(笑)

一本外れた道にある美味しそうな門構え

 

 

東京都台東区根津 鷹匠 店構え

根津神社前商店街から一本外れた処にあるこの佇まい

もうね、門構えが美味しそう。

これで蕎麦をだすってんだから
否が応でも期待が高まります。

昼営業の15分前に着いたので店前で待っていたら
鷹匠さん目当てのお客さんがぞろぞろ
あっという間に行列ができました

開店時間になってこれまた趣のある店内に案内される

さて何食べよう?

東京都台東区根津 鷹匠 メニュー
最初は冷たいお蕎麦にしたい

ふむふむ蕎麦は2種類
『二八そば』と『田舎そば』
があるらしい

初めてきたからここは基本の二八かな
とろろがついている『そばとろ』は麺が選べるみたいなので二八にしよう

いや待てよ

とろろにするなら田舎もありじゃないか?

たぶん二八より田舎蕎麦は蕎麦蕎麦しいけど
しなやかさは弱そうだ

それをとろろでしなやかさを補って
なおかつ味の強さにも対抗できるんじゃないか

いやしかしシンプルな切れ味な
二八とそばつゆ捨てがたい

どうする?

さぁ、どうする?

店員『そばとろご注文の場合、両方でも選べますよ』

!!

それ

それください!

やはり

この私に

運は味方してくれている!(おおげさ)

そばとろ (二八と田舎)

東京都台東区根津 鷹匠 そばとろ(二八と田舎)

 

蕎麦だけでいい

 

素直な感想です。

蕎麦屋では
最初にアテをつまみにまず一杯
そのあと〆でお蕎麦が江戸っ子の粋な食べ方

ってことは知ってますが

それでも私はそばだけを食べたい!

こんな美味しいそうな蕎麦はアルコールで酔っている時ではなく

素面の時に全力で味覚に集中して食べたい!!

まず二八

爽やかでしなやか
そばつゆの切れ味と蕎麦の瑞々しさがたまらない

『油』分を一切使わずこの美味しさ
蕎麦の真骨頂(^^)

次田舎

おぉ、ゴツゴツしてる

二八の後だとなんと不格好な味わいか

でもそれがいい

蕎麦蕎麦しさがストレートにくる

ここでとろろを投入すると
この蕎麦蕎麦しさにとろろのパワーを借りたそばつゆが真っ向勝負を挑んでいる

口の中が蕎麦祭りだ

最後は蕎麦湯
この蕎麦湯の濃さがスゴイ
どろどろ一歩手前
喉に絡みついて胃に落ちていく

店構えから蕎麦湯まで

蕎麦を堪能しつくせるお店です

店舗情報

【営業時間】

07:30~09:30 
12:00~18:00

【定休日】

月・火

【電話番号】

03-5834-1239

【所在地】

〒113-0031 東京都文京区根津2丁目32−8

おすすめの記事