開店して15年
東銀座の路地裏で昔ながらの東京ラーメンと
チャーシュー握りがたまらないお店ラ・ヌイユさんです。

東十条マリオン直伝のチャーシュー握り

ラヌイユさんの代名詞といえば
なんと言ってもチャーシュー握り

東十条マリオン直伝のチャーシュー握り

『チャーシュー握り』というと
東十条のマリオンさんを連想する方もいると思います。

このラヌイユさんはこのマリオンさんで修行し
名店の味を引き継ぎ東銀座で15年前にオープン。

歌舞伎座が近いこともあり、舞台関係者の方も
稽古や舞台の合間の小腹を満たしたり
演者さんへの差し入れに使ったりしているそうです。
世間的にも有名な歌舞伎関係の
演者さんが利用されることもあるそうです。
半沢直樹で有名なあの方とかも使われたことがあるとかなんとか。
(詳しくは店長さんに聞いてみてください(笑))

この名物の1口サイズのチャーシュー握り
口の中に入れた途端とろけるように
チャーシューのあまじょっぱさが広がります。
この一体感のある味わいが
ラヌイユさんのチャーシュー握りが名物たる由縁。

東十条マリオン直伝のチャーシュー握り

この一体感の秘密は
秘伝のチャーシューのトロトロ感はもちろん
握り飯に理由があります。
この飯、なんとチャーシュータレで炊いたものを
握り飯に使っているのです。
チャーシューとごはんの味わいを
15年継ぎ足しているチャーシュータレで
統一しているからこそ
口の中でのたまらない一体感です。

2019年には東京カレンダーでも取材 

2019年には東京カレンダーでも取材

このチャーシュー握り
さきほどの歌舞伎関係者以外でも著名人のファンが多く
先日は東京カレンダーで連載をしている
ホフディランの小宮山さんの
小宮山雄飛の“英世”なる食卓
でも取材されてました。

15年継ぎ足しの秘伝ダレに豚の脂が絡みまくる!銀座にある炙り肉巻きにぎりが旨すぎた!

2019年4月17日(水曜)ヒルナンデスでもチャーシュー握りが紹介

4月17日のヒルナンデス番組内でチャーシュー握りが紹介されました。

ヒルナンデス 炙りチャーシュー握り ラ・ヌイユ 東銀座

ヒルナンデス 炙りチャーシュー握り ラ・ヌイユ 東銀座

『引き算』の美味しさを進化させた東京醤油ラーメン

『引き算』の美味しさ東京醤油ラーメン

そしてラヌイユさんのもう1つの名物といえば
昔ながらの東京醤油ラーメン。

ラヌイユさんのラーメンの美味しさを一言でいうなら
『引き算の美味しさ』

昨今のラーメンと言えば
原価率でいえば飲食業界屈指の高さ
(個人ラーメン店 30~40%) 
さらにラーメン業界以外の
他業種からいろんなスキルを貪欲に吸収し
この数十年で恐ろしいほど急成長を遂げました。
それに伴いいろいろな食材を組み合わせ
自店オリジナルの味を創りだしたり
品質の高い食材から丁寧に味を引き出すのが主流となっています。

その主流とは一線を画しているのが
ラ・ヌイユさんのラーメン。
スープに使用されている食材の数は決して多くありません。
むしろ少ないと言っていいでしょう。
旨味の量や複雑さでは
昨今のラーメン屋さんの方がいいかもしれません。
しかし丁寧に味を引き出されたそのスープは
限られた食材の味わいを楽しめる一杯になっています。

しかしそこまでなら普通の昔懐かしの東京ラーメン。
『引き算』の美味しさを進化させた
と書いた理由。
それはラ・ヌイユさんのラーメンが無化調
(化学調味料不使用であること)
にあります。

一般的な昔ながらの東京醤油ラーメンは
ほぼ化学調味料を使用しています。
(誤解しないように書いておきますが
私は化学調味料を使うことにたいしては
なんら抵抗はありません。
むしろ最近の根拠なく化学調味料は
健康に悪いといって叩いてること対して
ちょっとイラっとしています)

ですがラ・ヌイユさんはこの東京ラーメンは無化調。

一般的に無化調ラーメンというと
化学調味料を使用する代わりに
多種多様な食材を使うことで
他に見ないオリジナルの味のラーメンを作り出し
店主さんの腕の高さや
センスを楽しめる一杯であることが多いです。

ラ・ヌイユさんの面白いところは
元々の食材のうまさを丁寧に引き出すことで
無化調ラーメンを作っていることです。
たぶんかなり珍しいタイプの
無化調ラーメンだと思います。

1つ間違えると薄っぺらな味になって
お客さんが離れてしまうことなりかねませんが
そうならないのがラ・ヌイユさんの腕の見せ所
昔ながらの東京醤油ラーメンが好きな年配層の支持をとりつつ
30代には新しいでもどこか安心感を与えることで
東銀座で15年続く名店になっています。

ランチセット 東京ラーメンとチャーシュー握り(3貫)

ランチセット 東京ラーメンとチャーシュー握り(3貫)

ラヌイユさんの東京ラーメンとチャーシュー握り
が同時に特に味わえるのがランチセット。
東京ラーメンにチャーシュー握り3貫がついて850円。
このメニューがオフィス街のランチに支持され続けている
一番人気のメニューです。

たまらない半チャンセット

たまらない半チャンセット

写真のラーメンはピリ辛の『ナッピーラーメン』です。

さてランチセットは東京ラーメンは固定ですが
チャーシュー握りか半チャーハンかで選ぶことができます。
ラーメンと半チャーハンといえば
日本の中華の定番中の定番。
これまたいかにも東京ラーメンなアプローチです。

 

 

おすすめの記事