i-Office津田沼 親子で作る『人の輪』コワーキング

『自信があるからだと思います』

 

インタビューの合間にいらしたお客様とのやりとりが
よどみなく早すぎもなく聞き取りやすく
プロフェッショナルのそれだったので

昔なにか受付や広報のお仕事されてたんですか?

とコミュニティマネージャーの明日香さんに
聞いた時の答えが冒頭である。

 

この文だけ見ると自分の接客スキルに
自信があるからこそのセリフに聞こえるが
実はそうではない

 

『このコワーキングスペースの
立ち上げからずっと一緒に携わってきたからこそ
この良ささえ伝われば大丈夫との自信があるから
落ち着いてお話ができるのだと思います』

 

接客と同じく気負うでもなく
まっすぐな笑顔でそう言い切った。

 

千葉県新京成線 新津田沼駅

JR津田沼駅から徒歩4分の距離にある
乗り換え駅で利用もされている新京成電鉄新津田沼駅

 

千葉県新京成線 新津田沼駅

 

この新津田沼からJR津田沼の通りは
お店も商業ビルが立ち並ぶメインストリートで
当然多くの人通りがある。

通称『ぶらり東通り』

 

ぶらり東通り 津田沼駅 新津田沼駅

 

昭和・平成は『津田沼』といえば
このあたりが主役だった。

ただ令和になるかならないかなあたりから
メインストリートとは別の場所
新津田沼駅から千葉工業大学の横を抜け
京成津田沼駅向かう通りに
個性的な個人店が増えてきた。

 

京成津田沼 新津田沼

京成津田沼 新津田沼

 

正確にはもともとあったお店と
新店が上手に共存している感があるのだが
このあたりがメディアで紹介される時
そのアイキャッチで度々使われるのが
今年で8年目の美味しいコーヒーと
フレンドリーなスタッフさんが営む
カフェbrown sound coffee

brown sound coffee

 

その斜め正面にある
孤独のグルメで一躍有名店になった
これぞ昭和の老舗ステーキ店『テキサス』

 

津田沼 ステーキ テキサス

 

Instagramのフルーツサンドに騙されてはいけない
ここで食べるべきは『飯と酒』
欧州食堂タブリエ
(フルーツサンドも美味しいけどね)

 

欧州食堂タブリエ 津田沼

 

おすすめはちょっと辛めの
トマトベースで骨なしチキンカレー
『チキンハイデラバード』
船橋に本店があるカレーのAtithi(アティティ)

 

カレーのAtithi(アティティ)

 

この通りに古くからある
飯と餃子も頼みたい栄昇らーめん

 

栄昇らーめん 津田沼

 

千葉工大生御用達の
麺屋 宜候(ようそろ)

津田沼 麺屋 宜候(ようそろ)

津田沼 麺屋 宜候(ようそろ)

 

 

老舗のお蕎麦やさん
えびが6匹入っている
『えびカツ丼』が名物長寿庵

 

えびカツ丼』が名物の美味しい長寿庵

えびカツ丼』が名物の美味しい長寿庵

 

とまぁ、個性的で美味しいお店が
もりだくさんな通りなのだ

前置きが長くなったが
津田沼の新しい名所となる京成津田沼駅方面
昔からの繁華街があるぶらり東通りのJR津田沼方面
この双方の起点となるのが『新津田沼駅』で
今後の津田沼駅前の拠点となりうる場所

その新津田沼駅からほぼ直結(?)な
立地に2022年3月にコワーキングスペース兼
レンタルオフィスの『i-office津田沼』がオープンした。

他の津田沼駅近くのコワーキングは全て
JR津田沼駅、特に北口に集中しているのに対し
一番新しい拠点が新津田沼駅が最寄りなのは
津田沼駅前の時代の流れを感じる。

 

こんな素敵なスペースに入れなかった悲しいじゃないですか

このi-office津田沼で受付で迎えてくれるのが
冒頭のインタビューの明日香さん。

 

こんな素敵なスペースに入れなかった悲しいじゃないですか

 

i-Office津田沼のコミュニティマネージャーで
現場の最高責任者である

 

冒頭のインタビュー
文字だけ見るとまるで自信家のように見えてしまうが
全くもってそうではない

 

こんな素敵なコワーキングスペースがここにあるんだよ
それを誰かに教えてたくてワクワクが止まらない
そんな顔で明日香さんは答えてくれた

 

i-office津田沼のコミュニティマネージャー

 

『どこかに会話もあって、集中している方もいて
そういう空間が一緒にあっても良いんじゃないかって』

i-Office津田沼が大事にするコンセプトに
『コミュニティ』というものがある。

ただコミュニティの言葉そのものは
コワーキングスペースに限らず頻繁に使われていて
それを言葉にしたからといって魔法のように
コミュニティが形成されるわけでは当然なく
コミュニティを実現するためにどう動くか
が重要であることは間違いない。

 

『コミュニティ、コミュニティと言っても結局何をするの?
な部分になると思うので、私から積極的に話しかけながら
何か意見ありませんか?と聞かせていただいて
それをまず積極的に反映することから始めようと思ってます。

 

人が信頼される行動の1つに
話したこと、決めたことを実際に行動する
というものがある。

一見当たり前のことのように聞こえるが
世の中ではむしろ行動されないことの方が多い

考えてみて欲しいのだが

例えばあなたは今まで生きていた中に
誰かにお勧めされたお店の中で実際に行ったお店はどれくらいありますか?

薦められた本や映画で実際に見たのはどれくらいですか?

逆に考えよう。

何かの会話の流れであなたが誰かにランニングを薦めたとする。
その薦めた相手から数日後に
『あの後ランニングシューズ買って家の周り走ってるんですよ。』
とGarminのアプリを見せてきたら
『おお、本当にやってくれたんだ』
と嬉しくはないだろうか?

 

それをまず私から始めます
と明日香さんは言っているのだ

 

その言葉通り3月末にオープンした当初は
月額利用中心で9:00-19:00の営業時間で
ドロップイン利用はあまり考えていなかったそうだ

しかしお客様と話していたら
『朝も使いたい』
『ナイトプランが欲しい』
との声があったので
4/15にはfix-Uのアプリを導入し
朝7:00-23:00まで利用可能になった。

利用者に積極的に話しかけて意見を反映するだけでなく
話した人となりや仕事などの
情報を集め、相性がよさそうな人がいれば
積極的に繋げていくそのスタイルは
大手コワーキングスペースの
コンシェルジュやコミュニティマネージャーが
普段やっていることそのもの

コミュニティマネージャーの仕事については
以前書いた新松戸のFlatの記事で触れたので
興味ある人は読んでもらうとして

さらにその大手には真似できない
スピード感で動いているあたりはまさに
お客様の意見を積極的に反映していると言える。

 

対応速いですねと言ったら

『だってこんな素敵なスペースに入れなかった悲しいじゃないですか』

との答えはお勧めしたくてたまらない明日香さんらしい

 

とはいえオープンしたてのコワーキングスペースには
あまりにコミュニティの作り方がしっかりしている。
色々調べたのかな
と思ったらそうではなく

『実際に働いてる先輩方にお話しを伺って』

とのこと。どこでそんな機会があったのかと思ったら

『父は顔が広いので・・・』

との答えが返ってきた。

そうコミュニティマネージャーの明日香さんのお父さんは
ここi-Officeの代表取締役の石村真一さん。

i-Office津田沼は親子で運営しているコワーキングスペースなのだ。

親子で始めたきっかけは何かあったんですか?
と聞いたところ

 

『そんな凄いきっかけがあったとか
父から正式に声がかかった、な感じではなく(笑)

ずーっと父が家でコワーキングスペースをやりたいと
家族の会話で言って・・・なんかその流れですね(笑)』

 

i-office津田沼のコミュニティマネージャー

 

『ただ娘の私から見てもうちの父って凄いんですよ
聞くだけで知ってる企業の方と普通に繋がっていたり・・・・
娘だから、ではなく娘の私から見ても凄いって思うんです。

だから尊敬できる人と働きたいから一緒に働くことに決めました。』

 

この時父親を褒めている時の顔が
この日一番嬉々とした表情なのが
親子の仲の良さが伝わってくるし
きっとそんな父親が手がけたコワーキングスペースなのが
明日香さんがここを全力で薦める理由の1つでもあるのだろう。

i-Office津田沼代表 石村真一さん

i-office津田沼代表 石村真一さん

そんな父親冥利に尽きる言葉を明日香さんから受け
全国の娘を持つ父親から嫉妬と羨望の眼差しを受けそうなのが
このコワーキングスペースi-office津田沼代表であると同時に
アイカンパニー代表取締役でもある石村真一さん。

津田沼駅南口には商業施設モリシア津田沼があるが
7年前このモリシアの中にスターバックスコーヒー併設の
TSUTAYAを作ったのはこの石村さんなのだ

 

モリシア津田沼 TSUTAYA スターバックスコーヒー

 

その石村さんは現在アイカンパニーで
コワーキングスペース運営サポート事業もしている。

イオンモール幕張新都心や
イオン八千代緑が丘の本屋
未来屋書店併設
MIRAIYA Bookmark Loungeは
石村さんが手がけたものだ

 

 

なのでコワーキングスペースの運営サポート事業を
運営してる石村さんにとってここi-office津田沼は
ショールームの役割も兼ねているのだ。

 

i-Office津田沼施設案内

ここからはアイカンパニーのショールームを
兼ねているi-Office津田沼の設備をご紹介

フロント

 

i-Officeのロゴが入ったfix-U対応の入り口

 

i-office津田沼 入り口

 

中に入ると右側に受付と
正面にウォールアートが

 

こんな素敵なスペースに入れなかった悲しいじゃないですか

i-office津田沼 ウォールアート

ラウンジスペース(フリーアドレス)

 

受付を右手に曲がると
i-Office津田沼のアイキャッチな場所ラウンジスペースへ

 

ラウンジスペース(フリーアドレス) i-office津田沼

 

ウッドテイストのテーブルに
ソファータイプの椅子
植物が至る所に配置された
まさに今のオフィストレンドの
バイオフィリックデザイン。

もちろんコワーキングもできるが
どの場所でも会話OKとのことなので
ラウンジスペースだそうだ。

『最初はここに会話禁止の集中スペースも作ろうとしたのですが
コミュニティを大切に育んでいきたいi-Officeとしては
みんなが集まれるミーティングテーブル(写真手前)をどうしてもおきたい。
そうなると集中スペースがあるとコンセプトからずれてしまう
のでこの形になりました。』
と明日香さん。

Web Booth

 

ラウンジスペースの一角には
機密性がある箱型ブース

 

Web Booth i-office津田沼

Web Booth i-office津田沼

 

その横には貸し出し用のモニターがズラリ

上の白いボックスには文房具。

 

貸し出し用のモニター i-office津田沼

 

おこもり席

 

ラウンジスペース窓際のおこもり席

 

おこもり席 i-office津田沼

 

千葉工業大学を中心とした
津田沼の街が一望できる席。
仕事はもちろん
ゆっくりするのに向いているかも。

 

コーヒーマシンとフリードリンク 電子レンジ

 

受付でて左すぐに
コーヒーマシンとフリードリンクマシンに
お茶と紅茶のティーパック
電子レンジに冷蔵庫に流しも設置。

 

コーヒーマシン i-office津田沼

フリードリンクに冷蔵庫 i-office津田沼

電子レンジ i-office津田沼

流し台 i-office津田沼

 

ブース席

 

受付をでて左にむかい
フリードリンクの前を過ぎると月額契約専用の
ブース席のエリアへ

椅子、机、棚に加えて
モニター常備って珍しい。

 

ブース席 i-office津田沼

ブース席 i-office津田沼

 

 

こちらのブース席の椅子は
ゲーミング家具ブランド
Bauhutte(バウヒュッテ)

座らせて貰ったのですが
椅子の体にフィットする感じが最高。

これは仕事が捗りそう。

 

ゲーミング家具ブランド Bauhutte(バウヒュッテ) i-office津田沼

 

レンタルオフィス

 

一番奥に完全個室型レンタルオフィス。

3部屋あって一番大きい部屋は最大人数5名用。

レンタルオフィス i-office津田沼

レンタルオフィス i-office津田沼

 

こちらの椅子は台湾の高級オフィス家具メーカー
Ergohuman(エルゴヒューマン)

会議室

 

8名で使える会議室
もちろんモニターと黒板付き。

 

会議室 i-office津田沼

 

集合写真の撮影で使えるように
黒板下が段々になっています。

 

会議室 i-office津田沼

 

この会議室、同フロアではありますが
i-office津田沼のメインスペースと別入り口なので
出入りやイベント中の物音や話し声が
メインスペースに届きにくい構造になっているので
まさにイベントに使いやすい仕様。

 

換気が必要かどうかを視覚確認できる

 

コロナで換気の必要性が高まっている中
空気中の二酸化炭素が視覚確認できる計器が壁に設置。

 

換気が必要かどうかを視覚確認できる

 

 

数値だけ見ても『?』ではあるが
数字が緑で表示されていれば問題なし

これは便利だ

目指すものは『ローカル スモール ロング』

目指すものは『ローカル スモール ロング』

 

『i-officeのパッケージは「ローカル・スモール・ロング」なんです。』

石村さんがi-officeを話す上で大事にしているのがこの言葉

『うちのコンセプトは「ALL HAPPY」
地場に小さくても良いからずっと長く続く
例えば親子2代で使える
そんな場所を目指しています。』

石村さんにとってはまず
「ALL HAPPY」がありその為の考え方として
「ローカル・スモール・ロング」がある。
そしてi-office津田沼はその手段の1つなのだ

その証拠にi-office津田沼オープンと並行して
これも地元のニュースを見つけて発信することで
習志野を盛り上げていこうの想いで
ローカルニュースサービス
『習志野経済新聞』をスタートさせた。

 

習志野経済新聞

 

これもまさに「ローカル・スモール・ロング」を体現している。

 

『お客さんに「お酒の無いスナックだね」って言われて
それいいな、って。
みんなが気軽に集まれるって感じで。
きっとその先に続いていくってものがあるんじゃないかって』

 

ちなみに本当にお酒も飲めるようにしようとしたら
明日香さんにしっかりと止めれられたそうだ。

さすが明日香さん、良い仕事してる。

美味しいコーヒーが飲める本当の理由

美味しいコーヒーはコーヒーマシンの手入れが欠かせない

 

さてインタビュー中にいただいたコーヒーが
非常に美味しかったのでそれを石村さんに伝えたところ

『コーヒーマシンの掃除はめぐちゃんがしっかりやってくれているので』

との答えが。

このi-office津田沼には代表の石村さん
コミュニティマネージャーの明日香さん
そして欠かせないのが『めぐちゃん』ことスタッフの田村さんである。

 

i-office津田沼 コワーキングスペース コーヒー

 

余談だがコーヒーマシンで淹れたコーヒーの美味しさは
マシンの掃除や手入れをどこまでしているかが非常に重要になる。

メニューにこれみよがしに
スペシャリティコーヒーを使っていますと
書いてある(ホテルでよく見ますが)マシンで
淹れたコーヒーがいまいちな時は
豆の保管方法が悪いか
豆が焙煎してから時間が経ちすぎて劣化したか
マシンの掃除ができてないかである。

マシンの掃除というと難しく聞こえるが
要はビールサーバーと同じで
説明書に通りに毎日掃除することが大事なのだ。

いただいたコーヒーはここ最近マシンで飲んだの中でも
抜群に美味しいものだったので
マシン管理も含めてきっと田村さんが
良い仕事してらっしゃるからだろうなぁ。

どこでこんな『仕事ができる』人を見つけてきたのか

田村さんに聞いてみた。

『もともと私も私の夫も石村さんと同僚で
結婚した時もお祝いしていただいたくらい長い付き合いなんです。』

 

i-office津田沼 レンタルオフィス スタッフ

 

『TSUTAYA関連の仕事も一緒にしていたこともあって
ここでも声掛けてもらいました。
このコワーキングスペースが
女性から見てインテリアも素敵で
こんなところで働けるのはありがたいなぁ、と思っていて
それが来ていただいたお客さんにも
同じように感じて貰えれば嬉しいです。』

インテリアも素敵とあるが
その一因が先ほども書いたバイオフィリックデザイン。
i-office津田沼には観葉植物や生花がたくさんある。

 

バイオフィリックデザイン コワーキングスペース

 

これも田村さんが手入れしているのだが
実はお花屋さんでの勤務経験があるので
それは安心、と思ったら

『生花は大丈夫なんですが
観葉植物は扱ったことがないので・・・
手探りしながらやってます(笑)』

だそうだ(笑)

そんな田村さんのことを
明日香さんに聞いてみると

 

『いっつも私を褒めてくれてるんです!
それがもう、嬉しくて嬉しくて』

 

と2人の仲の良さが伝わるテンションで答えてくれた。

 

下の写真、マスクの上からも仲が良いのが伝わってくる。

 

i-office津田沼のコミュニティマネージャー

石村さんの生き方が反映されたスペース

実はこの後石村さんは何回かお会いさせていただいているのだが
そのたびにコミュニケーション能力の高さには驚かされる。

後日i-officeを普通に利用した時
他の利用者さんに話しかけるやいなや
あっというまに懐に入り込んでしまうし

また相手に良いと思った時の
フットワークの軽さもまた類を見ないものなのだ。

実はこの後別日に
ミカン下北の『TSUTAYA BOOKSTORE下北沢』
を取材させていただいたのだが
取材できることになったのも
石村さんに明日仕事で下北沢行くんですよ、と
話したところ

『じゃあミカンのTSUTAYA取材してきなよ』

と電話片手に段取りを整えてくれて

『明日、15時にアポとったからじゃ、よろしくねー』

な流れだったのです(笑)

なのでコミュニティを重視するi-office津田沼は
石村さんの生き方がそのまま反映された場所なのだ。

大きいコルク板いっぱいの人達をマッチングしていきたい

大きいコルク板いっぱいの人達をマッチングしていきたい

 

『今はまだ、私と社長と造作物を作ってくださった方と
社長のお友達の名刺しか貼っていないですけど』

ウォールアート横のコルクボードを指さす明日香さん

 

『ここの名刺を少しずつ少しずつ増やしていって
ボードの中でマッチングできる人になりたいんです。

堅苦しいアンケートから入るビジネスマッチングではなく
みなさんの普段の会話から始まる「何か」をきっかけに
私経由で輪っかを作っていけたらなって思います。』

 

石村さんの人生をベースにして
娘の明日香さんが『コワーキングスペース』を
軸として人の輪を作っていく。
それがi-office津田沼なのだろう。

 

これから受付前のコルク板が埋まっていくと共に
どう地域を巻き込みながら変化していくのか

 

コワーキングスペースの枠を超えた成長を
この新津田沼でどう見せてくれるのか

 

心から楽しみである。

 

i-office津田沼 親子で作る『人の輪』コワーキング

 

 

おすすめランチ メキシカン酒場 SAND'S DINER(サンズ・ダイナー)

おすすめランチ メキシカン酒場 SAND'S DINER(サンズ・ダイナー)

 

 

i-office津田沼の石村さんおすすめランチは
i-office津田沼から徒歩1分にある
メキシカン酒場 SAND'S DINERさん。

 

i-office津田沼 メキシカン酒場 SAND'S DINER(サンズ・ダイナー)

おすすめランチ メキシカン酒場 SAND'S DINER(サンズ・ダイナー)

いかにもメキシカンな店内には
ガパオライスやオムライスといった馴染みのあるメニューから
手羽を揚げて特製ソースに絡めたNY生まれのバッファローウイング
サクッとした食感が楽しい豚の皮のフライのチチャロンといった
他で味わえない個性的なメニューが楽しめる。

実はこのお店に以前来たことがあり
ランチメニューには無いが個人的にはジャンバラヤがおすすめ。
ピリ辛チョリソーと卵黄がごはんとの相性が抜群なのだ。

 

メキシカン酒場 SAND'S DINER

 

もちろんアルコールも楽しめる。
辛いのが大丈夫ならハラペーニョにクリームチーズを挟んだ
ハラペーニョホッパーをつまみにしたい。

コロナビールが止まらなくなること請け合いだ。

 

ハラペーニョホッパー メキシカン酒場 SAND'S DINER 

駅からi-office津田沼までのアクセス

新京成電鉄新津田沼駅 徒歩1分

 

改札をでて左折します。

 

駅からi-office津田沼までのアクセス

 

mina入り口前を右折します。

 

駅からi-office津田沼までのアクセス

駅からi-office津田沼までのアクセス

 

階段を降りて左折します。

 

駅からi-office津田沼までのアクセス

駅からi-office津田沼までのアクセス

 

伝説のすた丼ミーナ津田沼店を左に見ながら直進
最初の路地を左折すれば
i-office津田沼のビルエレベーターがあります。
1階日高屋です。

 

駅からi-office津田沼までのアクセス

駅からi-office津田沼までのアクセス

 

JR津田沼駅 徒歩2分

 

改札を出て左折して北口からロータリーにでて

右側の新津田沼方面へ

駅からi-office津田沼までのアクセス

駅からi-office津田沼までのアクセス

 

左右どちらにも降りる階段があります。

どちらでも着くのですが今回は右側に降ります。

 

駅からi-office津田沼までのアクセス

駅からi-office津田沼までのアクセス

 

線路に沿って真っすぐ歩いて
歩道橋手前の路地を左折します。

 

駅からi-office津田沼までのアクセス

駅からi-office津田沼までのアクセス

 

右側にi-office津田沼のビルがあります。

 

HP・料金・詳細

HP・料金・詳細

ドロップイン・時間利用

最初の1時間 300円~
以後15分毎 100円~
1日 2,000円

月額利用

レンタルオフィス
月額 99,500円~(共益費込)

固定ブース席
月額 25,700円~(共益費込)

プレミアムプラン(いいオフィス)
月額 22,000円

ALL 全日プラン ラウンジフリー席
月額 12,000円

WEEK DAY 平日プラン ラウンジフリー席
月額 5,500円

HOLIDAY 土日祝プラン ラウンジフリー席
月額 5,500円

NIGHT 夜だけプラン ラウンジフリー席
月額 5,500円

法人登記用住所利用

レンタルオフィス契約で法人登記利用可能です。
また月4,800円追加でも可能です。

店舗情報

Shop info
住所 〒275-0016 千葉県習志野市津田沼1-3-11 昭和第三ビル6F
新京成新津田沼駅徒歩1分
津田沼駅北口徒歩2分
営業時間 9:00-23:00
TEL 047-411-4730
HP i-Office 津田沼店
コンセント 〇
禁煙・喫煙
  禁煙(No smoking)  
支払(payment)
cash/
credit cards/
電子マネー(交通系電子マネーSuica等、ID、QUICPay、ApplePAY)
QRコード決済(auPAY、d払い)
HOLIDAY  年末年始

最後に

5月からは日経オフィスパスに対応したり
オープンから2か月たった今でも
お客様のための進化がとまらない
i-office津田沼さん。

取材した時に感じたのが
石村さんがワクワクを求めて
素直に動いてしまっている結果なのが
この個性的なコワーキングスペースを
形作っているのだろうな、と。

そして石村さんを現場で支える明日香さんが
親子というより、まるで長年組んでるコンビでみたいで。

仕事のやりとりも親子のかけあいも
横で見ていてテンポが心地よい2人でした。

 

 

 

おすすめの記事